title

ジスリンの飲み方について詳しく書いています

ジスリンの飲み方

ジスリンはクラミジアなどの性感染症の場合、1000mgを1日に1回服用します。

250mgで4錠、500mgで2錠、1000mgで1錠というように、用量によって服用する錠数は異なります。

その他の症状に使用する場合は、500mgを1日に1回服用します。

一般的には3日間続けて服用するようにし、血中濃度を保つためにできるだけ毎日同じ時間に飲むようにします。

服用量を増やすほど効果が強くなるわけではないので、正しい飲み方を守って服用するようにしてください。

尿道炎、子宮頚管炎の場合

ジスリンは、有効成分となる「アジスロマイシン」が、クラミジアや淋病などの感染症に強い効果を発揮する細菌感染症の治療薬となっております。

この薬剤は、クラミジアの症状を発症している方が服用する場合と、クラミジア以外の疾患の方が服用する場合は、それぞれ服用する頻度や飲み方が異なってきます。

まず、「尿道炎、子宮頚管炎」の症状を引き起こしている成人の方は、ジスリンを服用する場合は、アジスロマイシンとして1回の服用につき、1000mgを飲むようにしてください。

骨盤内炎症性疾患

ジスリンを「骨盤内炎症性疾患」の症状を引き起こしている成人の方が服用する場合は、クラミジアなどの症状を発症している方と服用の方法が異なっております。どのような服用方法になるのかというと、まずは、ジスリンの有効成分となっているアジスロマイシンの注射剤による治療を行なう必要があります。この治療を行った後に、アジスロマイシンとして1日に1回、250mgを飲むようにしてください。

その他の症状の場合

尿道炎や子宮頚管炎、骨盤内炎症性疾患以外の性感染症を患っていない症状の成人の方は、アジスロマイシンとして1日に1回、500mgを飲むようにしていただき、3日間でトータル1,500mgを飲むようにしましょう。

効果を強く感じたいからといって、1回の服用につき、この用量をオーバーして服用する方がいらっしゃいますが、特別効果が強く出るわけではありません。かえって、身体に悪影響を及ぼす可能性がございますので、自身の症状をしっかりと把握し、自身にあった方法で正しく服用するようにしましょう。

服用できない人

150

・過敏症の既往歴のある人
ジスリンの有効成分に「アジスロマイシン」がありますが、これにより以前に過敏症の症状が現れた事のある方は服用してはいけません。

・心疾患のある方肝機能障害、高齢者
重い心疾患のあるや、肝機能障害65歳以上の高齢の方は、服用前に医師に相談するようにしましょう。

・ケトライド系やマクロライド系の薬剤に過敏症のある人

併用注意薬

ジスリンには、一緒に服用してしまうと思わぬ副作用を招く恐れのある併用注意薬がいくつかありますので、他の病気の治療などでお薬を服用している方は注意が必要です。

・ジゴキシン
併用してしまうとジゴキシン中毒を発症してしまう危険があります。

・シクロスポリン
シクロスポリンの体内での血中濃度が上がり過ぎてしまったり、血中の濃度の半減期が延びてしまいお薬が効きすぎる事で副作用の発生を高めてしまう可能性があります。

・ワルファリン
作用機序は明らかになっていませんが、ワルファリンの作用が強まってしまい、副作用が強く出てしまう可能性があります。

まとめ

ジスリンは、主にクラミジアや淋病などの性感染症の治療薬として用いられる薬剤となっております。ジスリンに含まれている有効成分のアジスロマイシンは、発症している症状によって服用する回数や飲み方が変わってきます。また、ジスリンの有効成分が身体に合わない場合や、持病などで服用している薬剤との相性が合わず、症状を悪化させてしまう場合もございますので、ジスリンを服用する前に、専門医師などにしっかり確認してから服用するようにしましょう。