title

ジスリンの通販・ジェネリックについて詳しく書いています

ジスリンの通販

ジスリンは通販でも購入する事ができるジェネリック医薬品です。

医薬品と聞くと、どうしても医師から処方箋を出され、薬局にて購入するというイメージがほとんどだと思います。

ここ数年間の間でジスリンにかぎらず、通販で医薬品を購入する方が増えています。

個人輸入代行で購入する事ができます。勿論、日本で認可されていない医薬品も購入する事ができます。日本で認可されていなくても、海外では認可されています。病院へ行く時間がない。薬代を抑えたいという方が多く利用するようになってきています。

通販購入が断然お得

ジスリンは病院処方よりも、通販が断然お得です。

病院処方の場合には、「薬代金のみ」という定義はありません。

まず、最初に診察を済ませ、必要に応じて検査、薬代金を支払い購入という手順になります。

さらに言うと、病院までの交通費などもかさみ、かなりの時間も使ってしまいます。病院に他の患者がいないならまだしも、あまりにあり得ない話です。

また、精神的な面からだと、性感染症で病院にいきたくない。保険適用されてしまうと、自宅に履歴が郵送され、家族に知られる、友人や知事にばったい会いたくない、知られたくない。などの考えもあります。

一報で、ジスリンを通販で購入できる場合で考えると、

・第三者に知られる事がない ・24時間自分の都合の良い時間で購入できる ・診察・検査・交通費などもかからない ・薬代金のみで購入ができる ・自宅まで郵送 ・処方箋不要

通販はこの6点を挙げればメリットしか感じません。

日本で認可されていないジェネリック医薬品を通販するのは違法ではないの?などの声はごもっともでしょう。

しかし、個人輸入で医薬品を購入する場合には違法にはなりません。

転売目的などではなく、購入者本人のみ使用するという事であれば全く問題はありません。

個人輸入代行には日本も認可しています。

通販はメリットばかりではない

医薬品の通販はメリットだけではありません。

同じ効果・同じ成分なら安い物を買いたい、多忙なので通販だと助かる、病気の事を知られない、など多くの意見があります。

その中でも実はデメリットはあります。

そこは、「通販」の落とし穴であり。怖い部分と言えます。メリットの部分だけで考えれると、通販を選ばない理由すらないと思います。ですが、通販業者の中には無知な人を食いものにする業者もいるという事です。

通販サイトでは、薬の画像が過去に病院処方でもらった時と同じ物だとします。この場合、画像は同一の物でも、海外から発送されれる訳です。本当に同一の物でしょうか。

町のドラッグストアでの購入なら現物を手にとり、実際の商品をみる事ができます。一方で通販となると、画面でみる画像のみになります。個人輸入には国内の通販の様に、代金引換のサービスは今のところありません。

注文した医薬品にたいして、クレジットカード又は現金振り込みを済ませた後に、商品の発送となります。

数日後、偽物が届くという事も多々あります。それを偽物としらずに服用し、体が害されたとしても全て「自己責任」となり、警察などに申し出てもなにもしてくれません。

通販で購入する場合には、確かなサイト選びと、しっかりとした薬の知識も重要になってきます。

病院で処方してもらう

病院処方でも、今はジェネリック医薬品を推奨してるところが殆どと言えるでしょう。

風邪などをこじらせ、診察後に薬局にて、ジェネリック医薬品にしますか?など耳にした事がある方は多いと思います。

病院処方でも、ジスリンは購入する事ができます。通販で購入できる事を知らない方は病院処方こそ一般的ですね。

ただ、病院処方の場合は専門医がしっかり診てくれるので安心感と信頼は確かなものです。

病院処方が悪い、通販が良いという訳ではなく、使い分けをするのが一番良いのかもしれません。

ジスリン以外のジスロマックジェネリック

ジスロマックのジェネリックはジスリン以外もあります。

一般的なものは、「アジー」になります。

アジーは日本国内でジスリンと同様に病院処方されている医薬品です。アジーも性感染症のみならず、細菌性の風邪・マイコプラズマ肺炎・歯周病や膀胱炎などにも使用される抗生物質で、汎用性の広い医薬品で知られています。

アジー

日本国内でも病院処方される「アジー」はジスロマックのジェネリックです。製造は、ジスリンと同じインド共和国の製薬会社がてがけ、Cipla社が販売も行っています。

日本では、いうほど浸透していない製薬会社になりますが、インド共和国では最大級のジェネリックメーカーにあたります。

スマート社同様にHIV感染症の治療薬の提供にてその名が轟いています。

アジーの形状は、数センチ程の錠剤になっており日本で認可されている薬と違いはありません。

薬価については、ジスロマック(先発薬)の3割程度の金額で購入する事ができます。

250mg・500mgと2種類がありますが、使用する方の症状や病状によっても用量は変わってきます。

アジードライシロップ

上記で記述したアジー同様に効果や成分などは同一で、錠剤やカプセルの服用が苦手な方、でも服用できるように開発されたのが、「アジードライシロップ」です。

開発・製造元はアジーと同じ、Cipla社となります。

薬価についても、ジスロマックに比べるとアジー同様に安く購入する事が可能です。

アジーは錠剤、ドライシロップは見た目は粉状です。水になどに溶かして服用するタイプとなています。

服用方法は、小児向けの薬と同じで、水に溶かして服用するタイプとなります。液剤タイプよりも持ち運びしやすい、等から特に、錠剤が苦手でない方も保存性がすぐれている事から、常備薬としてドライシロップを選択する事もあります。

まとめ

ジスロマックのジェネリックの「ジスリン」は病院処方が良いのか、それとも通販が良いのか。

ご自身にあった購入方法をするのが良いと思います。

通販では薬を購入するまでの費用が大幅に抑えられ、病院処方では専門医が診てくれる。どちらもメリットやデメリットはあります。

また、ジェネリック医薬品だからといって、先発薬におとる事はありません。

効果や成分は同じなので、みための形状・味などの製法が違うだけなので、圧倒的に安価なジェネリック医薬品を購入する事をお勧めします。